愛知学院大学

特色 - 愛知学院大学

日本で最初の私大歯学部として誕生した歴史と実績を背景として、世界的に活躍する豊富な教員スタッフと最新の教育施設・設備を擁する。

豊かな知性と人間性を兼ね備えた歯科医師の育成をめざして6年間一貫の歯科医学教育を実践。歯は身体の一臓器であるということに立脚して、一般教養、歯科基礎医学、歯科臨床医学および一般臨床医学の講義から構成されている。

平成5年に導入した特別科目は、歯科英語をはじめとして、時代の要請に応じた歯科心身医学、高齢者歯科学、総合歯学など多彩な分野にまたがっている。また、歯科応用科学を設け、従来の生物・物理・化学を互いに関連させながら科学的素養を修得させることを目指している。

5年次秋学期からは附属病院での臨床実習を行い、医療現場を肌で感じることで、歯科医師としての使命と自覚を培う。

今年の歯科医師国家試験では、70.8%の合格率(新卒)。