松本歯科大学

特色 - 松本歯科大学

本学は、“優れた歯科医師は、まず優れた人間でなければならない”の教育方針のもと、科学者としての基本的態度を身につけた歯科医師の育成を目指しています。

医療人としての自覚と良識ある行動を促し、卒業後歯科医師として社会に貢献できる人間を育成するために、従来からの初年次教育、教養・基礎・臨床といった歯科医学教育に加え、第1学年では、「歯科医学生としての自己の確立」およびモチベーションを高めコミュニケーション能力の向上を目的とした「歯科医学への歩み」「入門歯科医学」等の講義、グループワークなどが行われます。第2学年から4学年では基礎歯科医学、臨床歯科医学を中心に課外研究活動も取り入れて、より将来像を明確なものにしていきます。特に第4学年では学年末に実施される共用試験を踏まえて、基礎・臨床総論復習に重点をおいた講義が行われます。第5、第6学年では大学病院における臨床実習や統合型授業、施設見学等を通じて知識・技術をより確実なものにしながら、歯科医師国家試験に備えます。また社会で要求される一般常識マナーについても理解し、卒後すぐに社会人として実践・活躍できるプログラムも用意されています。