奥羽大学

特色 - 奥羽大学

豊かな人間性を備えた歯科医師として社会に貢献することを目標に、将来の基盤となる幅広い知識・教養を身につけるため柔軟で効率的なカリキュラムで一貫教育が実施されている。

一般教養と専門科目、また専門においても基礎歯学科目と臨床歯学科目の間において、横の連携を重視した編成となっている。基礎学力の徹底には視聴覚教材を駆使して、知識・技術の充実を図っている。また、小人数教育が特徴で、優れた教授陣とのマンツーマンのふれあいを通して、基礎力と応用力を兼ね備えた総合的な判断力をもった歯科医師を養成している。

学生の臨床実習の場として、また地域医療の場として、歯科医療の最新研究の場として大きな役割を果たしている附属病院は、開設以来地域社会の医療に大きく貢献してきたが、特に最近では社会的要請の強い障害者、高齢者に対する医療にも対応できるよう体制の整備に努めている。