岩手医科大学

特色 - 岩手医科大学

1学年から3学年までに一般教育科目を学び、将来歯科医師として必要とされる人間に関する深い共感と、自然に対する正しい認識と健全な判断力を養う。

また、それと併行して専門教育科目を学ぶ。1学年では歯科医学概論、2学年では解剖学などの基礎歯科医学科目の授業が行われ、3学年までに基礎歯科医学の全科目を履修する。

3学年からは臨床歯科医学の授業が始まり、5学年までに臨床歯科医学の全科目の授業が行われる。その中で本学の特質を生かした多くの隣接医学の講義もある。5学年からは臨床実習が始まり、6学年まで行われる。6ヵ年間の学習を通して、理解力、問題解決能力、歯科医師に要する高次の認知力を養い、さらに歯科医師としての技能、精神、情意能力を身につける。

卒業直後からの卒後教育は、研究、臨床へと研鑽の道がいろいろと開かれている。