北海道医療大学

特色 - 北海道医療大学

歯科医学・医療に対する早期動機づけを図るため、専門科目を1年次から学ぶなど6年間一貫教育を実施。1年次には専門科目の「歯の解剖学」、早期動機づけとして「歯学概論」、病院・福祉施設等での研修を行う「医療人間学演習」等を配当。また、社会環境、疾病構造の変化、そして歯科医学・医療の高度化や全身医学の考え方に対応するため、専門科目では、従来の研究分野ごとに独立した枠組みを取り払い、統合的な科目を数多く設けた。

主なものでは、歯の咬み合わせを発育レベルで学ぶ「咬合の科学」、全身医学との関連について学ぶ「内科学」、「外科学」、患者と歯科医師の心理と行動を学ぶ「歯科医療行動科学」、医療技術の高度化に対応する「口腔インプラント学」、また、疾病構造、社会環境の変化に対応した「高齢者歯科学」、「障害者歯科学」等がある。また、2006年、歯学部実習室に国内最先端の臨床教育マルチメディアシミュレーションシステムを導入するなど、教育環境の整備も進めている。